2017年9月6日水曜日

60回目〇 8月17日

*休みが入ると身体の調子を崩す
 F先生は開口一番、「まぁ、普通の方は大抵休みがあると、逆に体の調子悪くされるんですけどね」と、私が経過報告をする前に仰ったのでウッと詰まってしまいました。
 たしかにお盆に入る前あたりから耳鳴り増強で参ったな、早く治療を受けたいと思っていたからです。
 先生は毎度のことという感じで笑いながら「だいたいみなさんそうなんですよ、休まないですから。休みっていうのは体を酷使する日ですから。気を遣うし、新しいことやる人多いし・・・」
 あぁ確かに思い当たる節がありました。
 お盆の直前に新しい活動に参加し、面白かったものの確かに気疲れも多少ありました。
 「人間にとって行事というのはストレスなんです。気分的にはストレス発散なんだけど、体力的には必ず落ちます」
 先生はもうわかっているのでという風に笑っておられましたが、図星をさされた気分でした。


 いつも通りの左からエコーでの注射でしたが、今回も注射は最初から最後まで痛みも刺入感も全くなしでした。
 右へ移るまで、また5分ほど休みましたが、その間に左の瞼に効いたようで重たくなりました。
 ノドの麻痺は来ませんでした、久しぶりです。
 ですが残念ながら耳鳴り自体の速攻の変化は感じられませんでした。
 それから右への注射になりましたが、こちらも注射の痛みはなく、針が侵入する感覚がわかるという程度。
 この時点でもノドには来なかったので、先生もそれは素晴らしいことなんですよと仰ったのですが・・・・。

*軽い嗄声と耳鳴り増強分が改善
 治療後、会計を待つ間にノドの違和感とともに声が少しかすれ始めました。
 軽い嗄声はその後30分ほど続きましたが、しかしその間に耳鳴り音がまた高くなり小さくなったのがはっきりわかり、
 おぉ小さくなってる!とホッとするやら嬉しいやら。
 受ける前が増強していたため効果をはっきりと感じることができ、治療としては本当にラッキーなタイミングになりました。


*低め安定を維持
 今回は前回のようなリバウンドもなく、いつもの低め安定レベルをずっと維持しています。
 耳抜きしたくなる感覚も全くなくなり、良くも悪しくも変化なしです。
 2週間で息切れということがなかったので、これも好成績といえるでしょう。
 安定状態が持続すると仕事の集中力も上がります。
 このブロック注射自体が脳を活性化させるようなので、それもあるかもしれませんが・・・。
 浮き沈みのある睡眠状態も改善されるため、やはりこのブロック注射はとてもありがたいものです。
 




2017年8月16日水曜日

59回目 7月25日

*好成績を維持する
 このところ約3週間の治療間隔ですが、良い状態をほぼ維持できています。
 厳密には2週間すぎたあたりで時に息切れかな、という耳鳴りの増大を感じたり、時にキーンという一過性の難聴状態が来たりすることがありますが、それも一時的です。
 しかし、ありがたいことに今回の経過では熱中症で頭痛がきつかった時以外は、それらが全くありませんでした。
 この3週間ペースで維持していけていることに、F先生も「それは素晴らしい」と喜んで下さいました。
 注射のおかげで低め安定に維持して頂けていると思いますと言うと、あとは夏バテが取れるんですよね、とのこと。あまり気にしていなかったことなのでちょっと意外でした。
夏バテにも効く・・・?
脳の血流があがるので、脳が疲れにくくなり夏バテしにくくなるとのこと。
 それを聞いて実は・・・と熱中症になったことを話すと、熱中症もやはり脳の血流が悪いと起こるらしく、脳の血流というのは脳の温度を冷やしているので、血流が悪いと冷えないため、クラっときたり、頭痛を起こしたりするんだそうです。
 要は自律神経がしっかり働くと体温調節もうまくいくようですが、鈍いと熱中症になりやすくなるのだと。
 やや不眠気味なっていることもお伝えすると、睡眠もよくなり夏バテもしにくくなりますよと言って下さいました。
 難治性の様々な厳しい症状に効果を発揮する注射ですから、夏バテ防止は朝飯前かもしれません。(笑)

いつも通りのブロック注射は、やはり左からでした。
なんといつもにも増して、初めから終わりまで痛みが全くないというレベルでした!

 それから、右に移るまでに10分ほど休憩。
 今回は即座に小さくなる感じが明確ではありませんでしたが、右側に移る頃に音が高くなっていました。
 

*効果が最大公約数になる注射が最高
 前回と同じレベルの場所への注射だったようなので、ほとんどノドにきませんでした。
 神経節にダイレクトに薬が入った時は副作用も強く出てしまうので、先生はダイレクトまでいかなくても、寸止めで一番いいところに入る、つまり最大公約数が一番いいと仰います。
 そして、それが本当のホームラン(=最高にうまくいった注射)で、リスクのマイナスも計算に入れて、ちょっと外すのが最高なんです、との言葉にとても納得がいきました。


*右はいい場所に入りすぎ、ノドにくる
 右の注射を打つ前から、F先生は「こちらは、ちょっとノドにくると思います」と仰いました。
 エコーを見て針の刺入経路を決められるようですが、内側(刺入位置がやや前方?)から入れる方が入れやすい場合、ノドにくることが多いのだそうです。
 私の場合、右は内側からの方が入れやすいのでしょう。
 案の定、薬液が入ると一気に頭がカーっとなり、心拍数も急に上がるのがわかりました。
 ちょっと外すところが、どうもしっかりいいところに入ってしまったとのこと。薬の量は少ないけれどもいいところに入ってしまうと物凄く効いてしまうそうです。
 ほどなくノドが嗄れてきたので、10分ほど休ませて頂きました。
 
 やはり命中率が上がった分、副反応(主に嗄声)もここ数回は毎回はっきりでることが多くなっています。時間とともにちゃんと元に戻るので、私自身は全く不安を持っていませんが、人によっては不安になる方もいるかもしれません。治療を信じる気持ちが大事と感じます。


*経過・・・2週間で息切れ
 確かにその日は、例によって爆睡し(リバウンドがあったにも関わらず)、数日間はよく深く眠ることができました。
 残念ながら2週間はつづきませんでしたが、ブロックで眠りの質をリセットしている気がします。
 これは本当に脳をリフレッシュするのに助けられている実感があります。
 夏バテを起こしにくくなっているかはよくわかりません。気温が雨のために低めになっていることもあるでしょう。
 さて、問題の耳鳴りですが、ブロック後はやはり高く小さくなったのですが、珍しく深夜に大きくなり、かつてのリバウンドのような状態でした。あれあれと思う一方、よく効いて反応がいいのかな?などと思ったりしましたが、翌日になると最近の低め安定レベルに小さくなっていたので、やはりリバウンドだったのでは?と推測します。
 その後2週間は前回同様やはり安定した状態で非常に快適だったのですが、お盆の前あたりからどうも息切れしたのか耳鳴り増強。といっても10うるさかったレベルが3ぐらいで推移していたものが、6から7程度の感じで開始当時ほどではないけど、というレベル。
 悔しい気分です。
 去年は蝉の大合唱のおかげで耳鳴り消失状態で喜んでいましたが、今年はそれほど蝉の影響なく、これを書く現在うるささを感じながらやり過ごしています。
 今回は耳閉感というか、耳抜きをしたくなるも、うまくできず抜けない不快感もあります。
 前回に比べ残念ながら成績不良ですが、2週間でも耳鳴りが気にならない状態が続くというのは、こういう状態になるとよけいありがたみを感じます。
 なんとか維持できる日数が増えてほしいところです。