2017年5月19日金曜日

54回目 2017年4月6日  55回目◎ 4月28日

更新遅くなりました。2回分アップします。
*再度水素入りブロック注射
 前回からの経過は低め安定が継続し、水素効果なのかはわからないので、再度水素入りでブロックをしていただきました。
 左が先でしたが、打ったあと、「長い針でやるのも手かな?美実さんの場合は。ちょっと届きにくいので」とF先生。
 届きにくいというのは神経節のことらしく、最近先生のブロックは直接神経節に刺すところまで発展しているのだそうで、相当効くようです。エコーで見ると私の場合は長い針でないと届きにくいようで、次回は耳鳴りが強い左側は長い針でお願いすることにしました。
 ちなみに長い針だと、副作用として喉に一時的麻痺がきたりしやすくなるそうですが、これは既に何度も経験していますし、エコーになってからは喉にきたことがなく、先生のブロックの命中率が上がっているので、迷いはありません。
 
*前回とほぼ同じ
 今回も同じような経過でした。やはり、治療後しばらくすると、非常に耳鳴りが小さくなっていることがわかります。その後も1週間から10日ほどはかなり低めで朝晩もほとんどぶり返さないというありがたい状態でした。
 しかし・・・、新年度の仕事開始のストレスもあるのか、2週間後あたりに音量が明らかに大きくなってしまいました。低め安定になれてきている分、きつくなります。まさに改善と悪化のシーソーゲームです。
 やはり次回は是非長い針でお願いしようと思いました。


☆55回目
*左は長い針で
 「今日は、左は長い針でお願いすることになっています」とF先生に伝えると、奥から珍しく秘書のAさんが、「長い針でやりますか?頑張りますね」とお声がけくださいました。
 「耳鳴りを治すためにはね」と先生は仰り、耳鳴りの治療は変わらず厄介なものであると思われました。

左の注射が終わったあと、顔面から頭部左側がじわ~っと暖かくなり、全体に効いていることがわかりました。先生によれば、今日の注射の出来は2塁打だそうですが、それでもかなり効いていたと思います。右に関してはいつも通りでした。

*治療は再生の道を探る方向へ
いつも片側が終わると、5分ほど間をおくのですが、その間に先生と会話することがあり、この日もふと思い出し、それぞれの耳の聞こえ方についてお話ししました。
 右は耳鳴りが少ない側ですが、左耳を塞いで右だけで聴くと、音が少し下がって聞こえ、左耳は聴力が8000Hzで悪くなっていますが高さは正しく聞こえているので、両耳でミックスしてピッチが下がらず聴ける状態のようですと話しました。先生は関心を持って聞いて下さり、ご自身の治療技術が上がってきているので、聴力や高さもよくなるかもしれないと仰り、再生の道を探っていると仰いました。
 「死んだものは生き返らないけれども、新しく生まれる(=再生)・・・生まれる環境を作りましょうということ。その一つが背骨矯正。生まれる環境を作るには背骨を治しておいた方が生まれやすい。」
 「患者さんがどれだけ頑張ってくれるかはまた別ですが・・・脊椎矯正は楽じゃないので。まさにボディビルディングなんです、骨の。」
 だいたいこんなお話でした。

 はい、確かに楽ではありません。でも、やる価値はあると思っています。

 難病の患者さんをなんとか改善させるために、あらゆる方向を模索されていることがわかるお話でした。

 
*経過
 終了後、いつものように耳鳴りはごくわずかの状態に。
 そして今日にいたるまで、日中は治療後の小ささと同じ程度の状態で過ごせています。また少し違った感触があり、もしかしたら、1段階アップの兆しなのかもしれません。
この間、朝晩しっかり聞こえたり、ストレスが明らかに強かった日に一瞬プチ突発性難聴状態になり、左が聞こえなくなる瞬間がありましたが、無事V字回復。前回より総じて成績良好です。長い針のブロックが奏功したのかもしれません。
 それにしても、いきなり片方が聞こえなくなるあの瞬間はいつでも身が凍るような感じになります。
 また、まだ開始したばかりでそれこそ思い過ごしかもしれませんが、CBPカイロの課題の枕ストレッチに耳鳴り軽減の効果があるように感じています。これは続けてみなければ!
とにかく焦らず続けて、コラボ治療の効果を狙います。




CBPカイロプラクティック治療に挑戦 2

*検査&姿勢写真撮影
 CBPカイロ治療のT先生は、とても温和な優しい先生です。
 まず、お渡しした背骨の画像を見て下さり、ストレートネックはもちろん、胸椎や腰椎も湾曲が足りなかったり、あちこちの不具合を指摘され、問題個所がいくつもあることを説明して頂きました。
どこがどうまずいということは、残念ながら書き取っていないので覚えていません。
 それから、うつぶせになり、背骨をひとつひとつ抑えながら痛みがあるかどうかを確かめ、まずい部分の説明を受けました。
 先生曰く「やりがいのある背骨」=治しがいのある背骨のようです。いやはややはり簡単ではなさそうです。いろいろの検査の中で、よかったことといえば、足の長さを測ったところ、幸い同じ長さだったことで、あとは「かわいそう」と言われてしまうほど(何がかわいそうなのかはわかりませんが)まずい状態のよう。
 それから、立った姿勢写真を4方向から撮影し、2回目の治療時にゆがみを指摘して下さいました。
 施術は固まった体をほぐし、矯正していただきますが、私の体は本当にガチガチで、特に肩が内側に入った状態で日常生活をおくっているため、上腕の筋肉や筋がのばされるたびめちゃくちゃ痛いのです。数回施術して頂いていますが毎回呻きます。そのあとは柔軟になるし、気持ちもよいのですが。


*課題(宿題)が出る
 T先生はもちろん経験豊富なベテランで、F先生のお話では、感覚でやるのではなく、ちゃんとデータをもとにやっておられ、また一方でデータではかれない人の体に対し、どこにどれだけの微調整をするかということに、かなりしっかりと対応して下さる先生だそうなので、首のボキボキもありますが、私は不安感はありません。
 私はとにかくストレートネックを治すこと、側湾も治さなければいけませんが、そのためには半月に1度程度の施術では追いつかないので、バッチリ宿題が出ます。
 ちなみに、次回の治療予約については、先生は一切強制されません。もちろんチケットなどもありません。
 
 さて、すでに数回の施術を受けていますが、現時点で出ている宿題はすでに10種類程度。全部まじめにやると1時間ぐらいはかかってしまいそうです。ちなみに、T先生はご自分の課題を全部こなされるようです。
 いくつか挙げてみますと、
1)DennerollというCBPカイロで使われている頚椎を矯正する枕のようなものを、のどぼとけの反対側をねらってあてがい、
 1日1分から増やしていき、最大15~20分脱力してストレッチ状態をキープ。
2)ストレッチポール(私の場合は直径12cm、幅30cmのもの)をつかって背骨のストレッチ。
 1箇所は、肋骨の一番下辺りをねらって背中に入れストレッチ、3分からスタート。
 もう1箇所は肩甲骨の最下端をねらってポールを入れストレッチ、3分からスタート。
3)腹ばいになり、ひじをなるべく身体から離してついてあごにのせ、下腹部を前後に揺らしながら
  頚椎1番辺りに効くのを感じながら3分。
4)右を下にして、横寝。肩から肘をまっすぐにして、頭を支えて側湾矯正目的のストレッチ。
  間違って左を下にしない。側湾しているのと反対方向に矯正するため。
他に、肩甲骨を寄せるためのストレッチ、頚椎の曲がりを作っていくストレッチなどが何種類か出ていますが、いやはや全部消化するのは大変、というか時間が足りません。


 今のところ、私の課題の取り組み姿勢は、およそ褒められたものではない頻度ですが、とにかく暇をみつけてはやる、寝る前はほぼ必ず、枕とストレッチポールはやるというように、生活に組み込む努力をしているところです。ちなみにストレッチポールはやると気持ちよいです。
 施術は身体のほぐしと矯正でありながら、同時にストレッチ指導レッスンみたいな感じがします。
 先生は「歯磨きは毎日やるでしょう?日課にしてしまわないとだめなんですよ」
 とおっしゃいます。
 F先生が一種の「行」だと仰った意味がわかってきました。
 完全受身で治療を継続していれば勝手に良くなるというものではなく、むしろ治療以外の日々の努力が要求されています。
 その課題のこなし具合を毎回の施術でT先生が確かめつつ、課題を増やしたり変えたり、施術の内容も変化するのかもしれません。
  慰安のマッサージとはまるで違います。双方向なところがあります。
 何十年の間に曲がったものですから、そう簡単に矯正できるはずがありません。
 しかし、始めたばかりですので、どこまでやれて、どこまで姿勢矯正ができるか、そして耳鳴りや健康状態によい変化が訪れることを目指して、文字通りのチャレンジです。